週末起業するにはタイムマネジメントが必要です

スポンサードリンク

貴重な時間をどう使うか

時計

週末起業は休日や平日帰宅後(または出社前)の時間を使って行います。
これらの貴重な時間の一部を定期的に割いて、夢を実現させるために進んでいくには強い精神力とモチベーションが必要となります。
人間はついつい楽な方へと流されがち。
今は疲れてるから後でやろう、これをしてからやろう、明日にしようか、と都合よく言い訳して先延ばしにしてしまいます。
どのように自分を律して日々の作業を積み上げていくか。
これが週末起業を成功に導く、大切なポイントです。

綿密な自己管理を

プライベートの時間の一部を割いて週末起業にあてるわけですから、行き当たりばったりではうまくいきません。
自分のことは自分がいちばんわかっているはずです。
エンジンがかかりにくいとか、流されやすいとか、○時間は睡眠をとらないと調子悪いとか、家では気が散って集中できないとか・・・。
自分に合った、大きな無理のない計画を立てましょう。

スケジュールを明確に

スケジュールとは「○月○日までに○○をやってしまう」という目標を定めることです。
それを月単位、週単位、日単位、時間単位のどこまで落とし込んでスケジュールを細分化するかは、個人個人の作業スタイルによります。
できる限り達成感が起こるようにうまく細分化して、ストレスを溜めないようにしたいものです。

手帳につけてチェック

具体的なスケジュールが決まったら紙や手帳に書いて折に触れ眺めるようにしましょう。
済んだ項目には二重線で消し込み。 二重線が増えていくとモチベーションが結構上がるものですよ。

計画のフィードバック

予定通りに進まないのが計画です。
原因を分析して対策を講じて再スケジュールすれば、その経験は無駄にはなりません。
これは自分が成長していく過程で必要なことです。

未来の夢と今日の目標

将来自分がどうなりたいのか。どうして週末起業しているのか。
そのような未来の夢をいつも思い描いていることが、最も強いモチベーションアップになります。
夢を実現させるには、今日、今この時何をすべきなのか、それが日々の作業の原動力になります。
未来の夢と今日の目標の両輪で週末起業を成功させましょう。

何をするにも「時間」

毎日の暮らしから「時間」を捻出するには、いつも「時間」を意識して行動することがいちばんです。
パソコンを起動するのに何分かかるか、メールチェックには何分か、この本を読むのに何時間かかったか。
そのデータを踏まえて、今日のメールは○分で終わらせよう、この本は○時間で内容を把握しよう、などと具体的に時間を意識するのです。
時間というものにシビアになって、処理能力も上がっていくことでしょう。

※週末起業のノウハウを体系的に学ぶには通信講座を活用するのも一つの方法だと、当サイトではおすすめしています。詳細は通信講座で勉強のページをご覧ください。


copyright©週末起業の始め方 All Rights Reserverd.

FX